2015年2月 6日

子供にルテインサプリはちょいと早いのかな

近年では、仕事などで1日中パソコンに向かっているという人も多く、その結果慢性的な疲れ目に悩んでいる人も少なくありませんが、当然ながら大人だけでなく、同様の症状に悩んでいる子どもも増えてきています。
テレビではなく、携帯機器やスマートフォンでゲームをするケースが多くなっているのが大きな要因ですが、放置していると更に酷い眼精疲労に繋がってしまったり、学業などにも支障を及ぼしてしまう恐れがあるので、改善を目指すことが大切です。
目の疲れ対策には、アントシアニンという成分が豊富に含まれているブルーベリーサプリメントが良いことが知られていますが、子どもに使用する場合には注意しておきたいポイントがあります。
現在、国内で市販されているサプリメントは安全性が高く、副作用の心配なく使用できるものが大半を占めていますが、基本的にサプリメントというものは大人向けに製造されています。
よって、大人にとっては安全で問題の無い製品であっても、まだ身体が未熟な段階で服用すると何らかの問題が生じてしまうリスクは皆無ではありません。
子ども用に製造されたブルーベリーサプリメントならば、そのような心配なく安心して服用することができるので、そういったものを選ぶようにしましょう。

ゲームの時間を減らす工夫というのは簡単ではありません。簡単ではないことを続けていくことはとても大変なことです。

中学生とか高校生くらでもみんカラは人気のようですが、子供というのは目の状態が大人とは違うでしょうから、考えることが多いです。

2014年2月14日

目に優しいルテイン生活習慣

元々目が弱いんだろうけど、すごく充血しやすいし疲れやすい。
寝不足が原因なこともあるだろうけど、それだけではないような気もする。
不満を言っても何もならないので、どうすれば目に優しい生活を送れるかなと考えるとやっぱりゆっくり休ませてあげるしかないのかなと思う。
裸眼でそれもパソコンやスマホといった画面も見ないし、本も読まない時間。
なかなかそんな余裕はないけど、無理にでもそういう時間を作らないといけないんでしょう。カラコンにしても長い時間は控えるとか、睡眠時間のことももうちょっと充実させたいところだな。そういえば、ルテインサプリメントも人気みたいだからちょっと見てみよう。

スマホが普及してきてから、周りにメガネの人が増えた気がする。その前にパソコンが普及してこうなったのか知りませんが、やっぱり目に負担がかかる生活はどんどん増えているように感じるんです。だからどうってわけではありませんが、明らかに私も視力が落ちています。

その矯正だけなら、そりゃメガネなりコンタントでいいわけですが、疾患になってくると怖いですよね。黄斑変性症だったり白内障、緑内障などもそうですし、飛蚊症、これはヒブンショウって読むんですが、こういうのは、改善されるとか、完治するとかってあるのか知りませんが、やはり、予防するにこしたことはないだろうなと思います。

そこでルテインサプリメントとういものを検討してみるのもいいと思う。もちろん、その前に目を酷使するのを減らすべきなんだろうけどね。

ルテインという成分が人気です。サプリメントなどにも配合されています。
ルテインとは、カロテノイドの一種で、人間の体内にも存在しています。
目の水晶体や黄斑部にも存在しますが、加齢とともに減少傾向にあると言われています。
ほうれん草などの野菜からも摂取できますが、ルテインの含有量が多くないため、サプリで補給する方も多いようです。
できれば、食生活を充実するにこしたことはありませんが、手軽に摂取できるということで、ルテインサプリが人気のようです。